意識改革の決めて

ITの業務を快適なものとしていくためには皆の努力が必要ですが、職場自体を活力のあるものとして確立することも同じくらいに大事で、ITエンジニアのメンタル的な管理体制も築き易くしていく為にも職場の環境改善に是非取り組んでいってもらいたいものです。

職場を誰もが居心地の良いものへとしていくことから始まり、現状維持に留まらずに更なる効率性を上げることが大事で、職場ストレスの軽減により生産性が上がると言われていますので皆の協力性の下に改革をしていってもらいたいと思います。

ITエンジニアにとって適切な職場環境にしていく為には職種によっての基本方針によって考え方が違いますし一概には言えませんが、基本的な心構えがあってこそ最低限に守らなければいけない事項から確実に実行へと移していくものだと考えていますので、無理なくできることからのステップアップが重要なのです。

快適な職場にしていく為のきっかけとして誰かが率先することから始まります。
一人でもきっかけになる行動を起こしたのなら、「自分もやってみよう」と後に続く人が次第に増えていって周りを引き込んでいく相乗効果が生まれていきます。
それはあたかもドミノ倒しの如くに一つのコマが倒れたらそれをきっかけにゴールまでコマを誘導していくような現象と酷似している感覚であります。

全ての始まりは何もないところからの発展性はありえません。何者かの先駆者などがいて初めて行動に移されていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です